2007年 04月 20日
ある風景
c0107262_1115596.jpg


「それじゃ、行ってくるよ…」 課長代理のメタボ気味なパパ(中央上)

「気を付けて行ってらしてくださいね…」 パート先ではアイドルのママ(中央下)

「親父ぃ、話があんだけどさぁ…」 最近部活を辞めて悩む長男 (左上)

「今日は生徒会だから先に出るわよ…」 推薦入学が決まって順風満帆な長女(右上)

「兄貴、時間だぜ。遅れちまうよ…」 バスケに没頭中のやんちゃな次男(左下)

「うんちでた…」 子宝に恵まれ…年の離れた末っ子次女(右下)

寝癖の激しいハルジオン一家の朝だった…

つづく…

いや、 -完-

以上、野鳥公園に行ったにも拘わらず、
お目当ての鳥さんに出会えなくて精神崩壊が始まりかけた状況を草花にぶつけたところでした。シクシク・・・


Location:東京港野鳥公園
Camera:Nikon D2Hs
[PR]

# by jinjikojin | 2007-04-20 11:54 | 花撮り
2007年 04月 18日
守る
c0107262_19495727.jpg

仁王立ちですな…

Panさんと江戸城へ登城いたしました。
門番に咎められることなく顔パスで城内へ…
睨みを効かす門番を後ろからコソコソっと激写!
って、そんなわけ無いですなw
誰でも入れる皇居東御苑にロケハン行きました。
江戸城の本丸跡、二の丸跡、三の丸跡…
どこがどうなんだかサッパリ解りませんでしたが、とても手入れの行き届いた庭園でした。(無料だし)
日曜日の割にはとても空いていて、のんびりするには最高の場所かと思いますが写真撮るには不向きかも…
でも、本当に静かなところですよ。お散歩にはお奨めします。

下は本丸・天守跡に駆け付ける騎馬隊ならぬ皇宮警察チャリンコ隊ですw
c0107262_2012549.jpg



そう言えば、何やかんやで繋がりました。腐れADSL回線。
しかーし!接続が不安定な上、速度は500kが上限だぜ!と言う悲しい結果でした。(良いときの10%足らず)
ISP側も色々手を尽くしてくれたようですが、伝送路に問題があるようで解決策がありません。
結論からすると解約します。
伝送路に問題があるとすれば、他のISPに変えてもADSLである以上同じリスクがありそうなので、仕方なくFTTHを選択となりそうです…。
契約特典使いまくって年間コストを下げる作戦でいます。(多分フレッツ系になるかな)
FTTH開通まで約2ヶ月、このショボショボ回線で耐えなくてはならないので更新意欲が少し失せてますw
接続が確立されている限りはコメントへのお返事や更新は続けますが、長期に渡ってお返事がない場合はお察し下さいm(__)m


Location:皇居東御苑
Camera:Nikon D2Hs
[PR]

# by jinjikojin | 2007-04-18 20:20 | 街撮り
2007年 04月 16日
お知らせ

何とまたもやADSL回線がダウンしました(゜Д゜メ)
今年に入ってから落ち着いていたんだけどなぁ…
モデムの交換やら局内再工事なので二日ほど難民でしょうか…
回復しなければソン君に別れを告げ乗り換えすっかね。
安くていいとこありませんか?

因みに携帯で書き込んでます。コメントへのお返事も大幅に遅れますのでご容赦を…m(__)m
[PR]

# by jinjikojin | 2007-04-16 20:01
2007年 04月 12日
Japanesque -春-
c0107262_7522651.jpg

諸行無常の…

前回訪れてから十日余り経った小石川後楽園は人影もまばら。
それでもピークを過ぎたソメイヨシノの周りには、ベンチに腰掛け愛おしむように桜を見送る人が多かった。
満開の桜はそれは綺麗な事でしょう。
でも、私は何故だか咲き始めと散り際が好きなんです。
とくに舞い散る桜には得も言われぬ美しさを感じます。
渋いお茶を飲みながら 「嗚呼、日本人に生まれて良かった…」 な~んてつぶやきたくなりますしw (激しく老化か?)

この写真もその類の感覚で撮りました。
数年前なら見向きもしなかった瞬間でしょう…(やはり老化だw)

「この世のあらゆるものはすべて移ろい行く」

ごく当たり前のことを、ごく当たり前に受け入れられるように成長(=老化)したと、自分を慰めるとしましょうかね。
渋いお茶でも飲んで・・・


Location:小石川後楽園
Camera:Nikon D2Hs
[PR]

# by jinjikojin | 2007-04-12 08:43 | Image
2007年 04月 10日
今、見えている道
c0107262_17581279.jpg

春なんですけど…

先が見えないと凄く不安になります。
どうして良いのか、何も手が付けられなくなったりします。
今見えている比較的明るい道も、その先では一体全体どうなっているのか…
比較的平坦な道を好んで歩いてきた報いか、暗い階段が怖いのです。
その階段は誰しもが上る道なのでしょうけれど、どんな不安や恐れがあるんだろう?
「恐れることはない。その先には幸福のみ存在するのだ」と暗示に掛けないと歩けない様な気がします。
一生懸命に生きると言うことは、そう言う暗示を自らに与えることなんでしょうかね…?

細くても良いから明るい道を歩いていきたいなぁ…

何語ってんだよ!って方はここ。
[PR]

# by jinjikojin | 2007-04-10 18:38 | Image


    


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
                  
アクセス解析