カテゴリ:鳥撮り( 4 )

2008年 01月 19日
うわぁぁぁ・・・
c0107262_2216566.jpg


さ、さぶい・・・

東京も激しい寒さです。
今までが暖かすぎたのか、軟弱な身体がこの寒さを拒否し続けておりましてw
購入から一週間経って、やっとビデオ雲台のテストを兼ねて近所の公園へと・・・。

息も絶え絶えに到着。(途中、根性無しは何度引き返そうかと思ったことか・・・w)
ご一緒のpanさん、zero coolさんに疲れを悟られぬように獲物を探し始めました。
各部の動作確認しながらグリグリと雲台を動かしていると、タイトル通りの悲鳴が聞こえてきました。
レンズを向けてみると、写真のような状況が・・・w
「おぉ!まるでA・ヒッチコック監督作品の[鳥]じゃん! ついに俺もドキュメンタリーデビューか!」
って事でパシャッと・・・。(上手い具合に顔の写っていないカットがありましたので載せちゃいます・・・)
撒き餌をされていたので仕方ないのですが、結構コワイ思いをされていたのではないかと思います。(ギャラリーはニタニタ喜んで見ておりましたw)

飛んでいる鳥はともかく、水面で期待一杯に待っている鳥達。
いよいよ次に撒かれるであろう餌を持つ手に彼らの視線が集中しているところが面白く
更に言うならば、スワンボートの「やれやれ。この子達ったら・・・もう」と言わんばかりの慈愛に溢れた瞳が堪りませんw

しばし、寒さを忘れさせてくれた出来事でした。
(明日も寒いらしい。しかも雪が降るかも・・・だってさ)


Location:ご近所の公園
Camera:Nikon D2Hs(写真上) & D40(写真下)

で、雲台の調子はどうなんだよ? って方はコチラ。
[PR]

by jinjikojin | 2008-01-19 23:55 | 鳥撮り
2008年 01月 08日
looking for
c0107262_23214279.jpg

捕食の為に湖面を見つめる表情は精悍そのもの


芸が無く、連続で同じような写真スミマセン。
でも、
いやぁ、可愛らしい・・・
そして途轍もなく綺麗な鳥だと再確認できた。
人間がこの手の衣装をまとい、ざる蕎麦でも手繰っていたら卒倒するだろうけれどカワセミはどの立ち振る舞いでも美しい。
光線の加減で表情を変える翠(青と黄の中間色)だなんて、創造主も粋な配色を心得ていらっしゃる。
お腹の辺りのオレンジも堪らなく綺麗だ。


c0107262_095026.jpg

小魚をGet! 得意満面。 かな?


これで私に超能力が備われば、この美しさを更に引き出せることだろうに・・・。

どうやらカワセミの美しさに取り憑かれてしまったようだ・・・
しかし、漠然と枝に留まっているだけのカワセミには興味が薄れてきている。(遭遇二回目にして生意気だが)
やはり飛翔モノ。ホバリングやダイビング、湖面からの離脱…etc.が撮りたい! らしい・・・。

努力は惜しみなくしてみることにしよう・・・
生態についてもある程度調べなくては、良い写真は撮れないだろうし。


ん?超能力はどうしたって?
うむむむ・・・。
どうしても卒倒したいって言う方は「超能力判定」へどうぞ。


Location:ごめんなさい。
Camera:Nikon D2Hs

「第一回超能力判定」
[PR]

by jinjikojin | 2008-01-08 01:22 | 鳥撮り
2008年 01月 05日
限りなく碧く
c0107262_20344722.jpg


ちょっとアンダーだけれども・・・
留まりモノだけれども・・・
凄く嬉しくてさ・・・
だって・・・

やっと逢えたんだもん!



Location:ナイショ
Camera:Nikon D2Hs

苦労話はコチラ・・・
[PR]

by jinjikojin | 2008-01-05 18:38 | 鳥撮り
2007年 02月 16日
舞踏会

c0107262_0363576.jpg
春一番だったそうで…(東京、雪降ってないんだけどなぁw)
異常気象、異常気象と騒がれています。
ふと思い起こせば、数年前から地球にはおかしな事が沢山起こってますよね。
地球環境の変化が非常にゆっくり起こっていることで、その変化を敏感に感じることが出来ず、言わばその変化に柔軟に対応してしまっている人類に一体この先何が起こるのでしょう…。
そして我々には何が出来るのでしょう?

写真は「東京港野鳥公園」の「アオサギ」です。
今回も「panさん」「zerocoolさん」「jinjikojin」の三人衆です。
例の文化包丁の切れ味をと、「panさん」張り切ってます。(未だに写真見せてくれませんw)
この日の「アオサギ」は迫力満点!
他の渡り鳥を蹴散らしながら悠々と飛び、サービス抜群で色んなポーズをとってくれました。
でも、偶にファインダー上で合う視線が意外に怖いんですw
何やら、心の奥底まで覗かれているような気がして…
そしてその視線から感じたこと。
彼らはもしかしたら気付いているのかも知れません…
私たちの知らない、途轍もなく大きな変化を…

Location:東京港野鳥公園
Camera:Nikon D2Hs
[PR]

by jinjikojin | 2007-02-16 12:57 | 鳥撮り


    


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
                  
アクセス解析