2008年 01月 19日
うわぁぁぁ・・・
c0107262_2216566.jpg


さ、さぶい・・・

東京も激しい寒さです。
今までが暖かすぎたのか、軟弱な身体がこの寒さを拒否し続けておりましてw
購入から一週間経って、やっとビデオ雲台のテストを兼ねて近所の公園へと・・・。

息も絶え絶えに到着。(途中、根性無しは何度引き返そうかと思ったことか・・・w)
ご一緒のpanさん、zero coolさんに疲れを悟られぬように獲物を探し始めました。
各部の動作確認しながらグリグリと雲台を動かしていると、タイトル通りの悲鳴が聞こえてきました。
レンズを向けてみると、写真のような状況が・・・w
「おぉ!まるでA・ヒッチコック監督作品の[鳥]じゃん! ついに俺もドキュメンタリーデビューか!」
って事でパシャッと・・・。(上手い具合に顔の写っていないカットがありましたので載せちゃいます・・・)
撒き餌をされていたので仕方ないのですが、結構コワイ思いをされていたのではないかと思います。(ギャラリーはニタニタ喜んで見ておりましたw)

飛んでいる鳥はともかく、水面で期待一杯に待っている鳥達。
いよいよ次に撒かれるであろう餌を持つ手に彼らの視線が集中しているところが面白く
更に言うならば、スワンボートの「やれやれ。この子達ったら・・・もう」と言わんばかりの慈愛に溢れた瞳が堪りませんw

しばし、寒さを忘れさせてくれた出来事でした。
(明日も寒いらしい。しかも雪が降るかも・・・だってさ)


Location:ご近所の公園
Camera:Nikon D2Hs(写真上) & D40(写真下)




c0107262_2315977.jpg


はい。
結果としてはオーライです。
と言うよりも、期待以上の素晴らしさでした。(つ~か、あの金額でヘタレだったら許さない!)
ハンドルを離した位置でピタッと止まってくれますので、これからは煩わしいロック等の操作とおサラバです。
「動体」を安定してを撮影するならばこれ以上の雲台は無いと思われます。
勿論、最初のセッティングで水平出しを今まで以上にキッチリ出す必要はあるのですが・・・。

デメリット(私の場合)を敢えて言うならば、機動力の大幅な低下。 そして絶望の中、愕然とし、ある程度の出費を覚悟する・・・。でしょうかw
三脚が上物に対してギリギリの強度と言いますか・・・、いや、重量バランス的に完全に負けました。(敢えてじゃないじゃんw)
カーボンの三脚があんなに捻れるモノだなんて思いませんでした。

ベテランの方々がよく言われる言葉で、「カメラバッグと三脚は三回ほど買い直す!」

事実でしたね。その言葉はw
既にバッグは2個目に限界を感じ始めていますし、この三脚はオークションに出してガチガチに強度だけ考えた三脚を買い直そうかと真剣に考えちゃいました。
経済的にしばらくは現状で我慢、「強度up=重量増」にも身体が耐えられるかどうか・・・悩みは絶えませんw (頭皮に良くありませんな)
機材が増えていけばバッグはそれなりに買い直すことはあるだろう、と思っていましたが三脚までは・・・。
当時それなりに良い物を買ったつもりでしたが「いやいや、その程度のモノじゃw」と嘲り笑われたような感じです。

一つ問題が解決すると、それが要因で次の問題が・・・。
無限ループに陥る前にキリをつけなくてはいけませんねw。(今のところレンズ沼には落ちてませんが・・・)
これから三脚を買われる方は「オーバークオリティ過ぎる!」って位の物を検討されてみては?
後々悩まなくて済みますよ。(頭皮にもよろしくってよw)

因みにビロ~ンと垂れ下がって、だらしなくハンドルに絡み付いているのはリモートレリーズのMC-30です。
この手の雲台とセットで考えて良い道具だと思います。

以上、簡単なレポート(私感)でした。
ご参考になれば幸いです。
[PR]

by jinjikojin | 2008-01-19 23:55 | 鳥撮り


<< なんだよぉ      物欲大魔王あらわる >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
                  
アクセス解析